佐藤 健さん

一人に対し、一つに対し全力で向き合う

日頃市町で『さとう整体療術院』を経営されている佐藤健さん。本業の他に『東日本ドローン協会岩手支部 支部長』『絆プロジェクト三陸理事長』を務めるなど、多方面で活躍されています。

佐藤さんってどんな方?整体師さん?NPOを立ち上げた人?ドローンに詳しい人?もう質問がたくさんっ!
活動の原動力は一体どこからくるのか?フナコ真相をつきとめます!!

テーマは、『誰かを救う・助ける・お手伝いする』

佐藤さんが整体を始めたのは、とある出来事がきっかけでした。

「サラリーマンとして働いていたある日、めまい・頭痛・吐き気で倒れるという原因不明の症状を抱え、その解決策が分からずに気分が晴れない毎日を送っていました。そんな時、わらにもすがる思いで勧められた整体の先生に施術してもらったところ、今までの不調がうそだったかのように不調が吹っ飛んだのです!不調がいきなり絶好調になったのです!!こんな魔法使いみたいなことができる整体ってなんなんだ!整体についてもっと知りたい!!と思うようになりました。」

佐藤さんが整体を始めたのは、とある出来事がきっかけでした。

「サラリーマンとして働いていたある日、めまい・頭痛・吐き気で倒れるという原因不明の症状を抱え、その解決策が分からずに気分が晴れない毎日を送っていました。そんな時、わらにもすがる思いで勧められた整体の先生に施術してもらったところ、今までの不調がうそだったかのように不調が吹っ飛んだのです!不調がいきなり絶好調になったのです!!こんな魔法使いみたいなことができる整体ってなんなんだ!整体についてもっと知りたい!!と思うようになりました。」

1.治療で『痛みを持っている人を救う・助ける』
2.ラジオで『情報がなくて困っている避難民に情報を出して救う・助ける』
3.NPO活動で『被災地を支援したいと言ってくれた外部の人をつなぐことで、地域の方を救う・助ける』
4.ドローンで『地形を撮影して街並みを写真に残すことで、誰かの助けになる』
「様々な活動をしてますが、テーマは一つ。それは、自分の不調を治してくれた整体の先生のように『誰かを救う・助ける・お手伝いする』こと。このテーマはこれからもぶれません」

なるほど!佐藤さんの活動を始めるきっかけ・原動力が分かり、フナコの疑問も解決しました!

1.治療で『痛みを持っている人を救う・助ける』
2.ラジオで『情報がなくて困っている避難民に情報を出して救う・助ける』
3.NPO活動で『被災地を支援したいと言ってくれた外部の人をつなぐことで、地域の方を救う・助ける』
4.ドローンで『地形を撮影して街並みを写真に残すことで、誰かの助けになる』
「様々な活動をしてますが、テーマは一つ。それは、自分の不調を治してくれた整体の先生のように『誰かを救う・助ける・お手伝いする』こと。このテーマはこれからもぶれません」

なるほど!佐藤さんの活動を始めるきっかけ・原動力が分かり、フナコの疑問も解決しました!

やっておけばよかったと後悔したくない

「やらないで後悔したくないから、日々の生活、様々な活動の中でも何でも挑戦したい。この思いは、震災の時に一層強く感じましたね。」と語る佐藤さん。

佐藤さんは、家族ぐるみの付き合いがあった親しい友人を、震災で亡くされました。
「その友達の分まで生きなきゃ!何が起こるかわからないから後悔したくない。そういう気持ちもあったのだと思います。」

その思いが佐藤さんにあるからこそ、今目の前にある課題に対して『誰かを救う・助ける・お手伝いする』のテーマを常に忘れないのですね!

パパの鏡です!

二人の娘をもつパパでもある佐藤さん。家族がいつも佐藤さんの活動をサポートしています。
「家族に迷惑をかけない程度に、俺、やるからと伝えているんです。最初は理解してもらえなくても、時間がたって、『あの時の活動はここにつながっているんだね』と必ず理解を示してくれる。」

それは佐藤さんが誰に対しても真っすぐに向き合ってきたからこそのもの。
子どもたちにも、一人の人間として接し、一度した約束は必ず守る佐藤さん。そういったところから、娘さんとはもちろん、出会った人との信頼関係が構築されていくんだなあと、フナコは感激しました!

自分のこともしっかりやりつつ、周りへの気遣いを忘れない佐藤さん。
誰かのために何かをするって簡単なことではないですよね。思いやり・気配り、そして行動力!すごいです!
これからの活躍も楽しみにしています!

フナコ、突撃ドキュン♡

Q1.大船渡で住んでみたい場所はどこですか?
_吉浜

Q2.大船渡を知らない人に大船渡を「一言で」説明するなら?
_大船渡にきて自分の目で確かめてみてください!

Q3.大船渡でしか味わえないこと、体験できないことと言えば?
_どこを見にいけばいいと言われたら、「俺のところにきてください」といいます。
フナコ:え!?
佐藤さん:観光とは光っている(輝いている)ものを見る。って書くでしょ!(笑)

Q4.10年後の大船渡とご自身の理想は?
_未知数、だからこそできることをやりたい。
_過去に対して後悔のない自分が10年後もいたらいい。『歩く観光名所』になる!

Q5.これからチャレンジしてみたいこと、目標は?
_自分のもっているものを伝えたい。ドローンを使ったまちおこしをしたい

佐藤 健さんの基本情報

2019年3月 更新

URL
その他 出身地:三陸町吉浜
職業: さとう整体療術院
   NPO法人絆プロジェクト三陸
   東日本ドローン協会 他
大船渡歴 :44年
好きな食べ物: 地場の食材 海・山の幸
好きな本:ビジネス書、 健康本、 マンガ
好きな映画: 王生義士伝 、マトリックス
PR大船渡のオススメ
①豊かな自然と食べ物
理由:山あり海ありの素敵なところです。空気も食べ物もおいしい

②千歳海岸
生まれ育った実家の目の前の海
遊びの場、学びの場

あなたにオススメの記事♪